DC10

12月4日 by 宮崎悠輔

rimg0047_r

明暗がはっきりすると形の変化もよくわかる。

朝のPePe

12月3日 by 宮崎悠輔

r5039619_r

丸が並んでやさしい。

PePeの製作が進んでおります。

縫製場の筒

12月2日 by 宮崎悠輔

r5039616

長~い筒を一定の長さにカットする先輩。

大きな筒なので一発では切れません。

器用にくるくると回転させながら切っていきます。

カットされた大量の筒。

縫製場に持っていくそうですがいったい何に使われるのでしょうか~。(某リフォーム番組風)

スペインからのお客様

12月1日 by Bang-do

え~~~~~っ!

気づいたら、今日、12月じゃないですか!

師走というと、心が騒ぐバンドゥーです。

みなさまいかがお過ごしですか。

 

毎年12月になると感じるのは、

やっと今年の西暦書き慣れてきたのに…、

かつ、今年が平成XX年っていうのをやっと覚え始めたのに…、

もうそのイヤーとお別れなのかよ~~~っ!

という驚愕です。

おかしいなぁ…ついこの前、サルにちなんだ年賀状を

作成したような気がするのに…(遠い目)。

 

これもアラフォーになって、時間の流れが速くなっている証拠ですね。

ああ、時間って無情…。

私のこの心の相対性理論をどうにかしてよ、アインシュタイン様!

 

…って、また無関係な前置きが長くなりました…

すいません!

 

さて、本題!

先週、ワークショップのため、

スペインからJorge Herreraさんがやってきました!

ジョルゲじゃないです。ホルヘです。

最近はmotoGP(バイクのF1)で、ホルヘ・ロレンソがヤマハからドゥカティへ

2017年に移籍することが話題となりました。

来年のチャンピオンシップの行方が楽しみ! なバンドゥーですが…、

ファーストネームはそのロレンソ選手と同じですね。ホルヘです。

 

…って、すいません(もはや2度目)!

引き合いに出したのがニッチすぎる話題になってしまいました。

 

こちらに来る直前、東京は11月に積雪という異例の天気だったので、

「防寒できる服を用意してなくって、寒くて困ったよ」

と言っていた彼ですが、

ワークショップ2日目はいいお天気に恵まれ、

なんと、朝から半袖!

ランチタイムには、チキン南蛮弁当を日向ぼっこしながら食べていました!

そのランチ風景がシュールだったので、思わずパチリ。

 

dsc_0386_r

 

しかも、実はすぐそばに、出荷まちの段ボールがワサワサ…(笑)

 

dsc_0387ee

 

ごめんね、そんなところでランチ食べていただいて…。

ある意味、『サラメシ』に取材してほしかったレベルのランチだよ…。

ともかく、チキン南蛮はおいしかったとのこと。

お口に合ってよかったです!

2日間みっちりワークショップ、おつかれさまでした。

(by中井貴一風)

 

ちなみに、ホルヘの通訳を担当させていただいたバンドゥーなのですが、

通訳するときって、普通に会話するときと比べて、

2倍とまではいかずとも、1.5倍くらい話すことになりますよね。

かつ、普段事務所で作業するときは、あまりしゃべることのないバンドゥー。

このあと、声が枯れるとまではいきませんでしたが、

なんだか、場末のスナックの酒焼け声のおばちゃん…というか、

ほぼオッサンみたいな声になってしまいました…。トホホ。

 

今年の冬は寒くなるらしいですよ!

みなさまも、寒さに負けず、お体ご自愛くださいね!

組場の椅子

11月30日 by 宮崎悠輔

r5039610_r

組場で長年、のり拭き時のばけつ置きとして活躍しているR+Rチェア(板座Ver.)

本業のバケツ置きの傍ら、休憩時には本来の椅子としても使われています。

背もたれも持ちやすく、ひょいと動かすのに便利です。

ばけつ置き、椅子、持ち運びしやすいの三つの理由が組場のぴったりなのでしょうか。

なにかのなごり

11月26日 by 宮崎悠輔

r5039595_r

長年NCルーターの吸着台の蓋として活躍する合板。

KAKInoISU?、ENNE?と思われる加工の痕跡が残っています。

今となっては誰も気に留めることのない痕跡。

虫の目線で見るとナスカの地上絵のようにも見えそうですね。

抽斗?

11月25日 by 宮崎悠輔

r5039600_r

積み上げられた抽斗、ではなく4110の座枠。

調べてみると抽斗(ひきだし)は中国が由来だそうですね。

”抽”は抜き取る、”斗”は四角い升、2つの漢字を合わせて引き出しという意味になります。

4110の座枠の話、ではなく抽斗の話でした。

 

11月15日オフショット

11月23日 by 宮崎悠輔

r5039529_r

ロボットアームに興味津々のニルスさん。

背中を研磨してもらって気持ちよさそう。

11・22

11月22日 by 宮崎悠輔

r5039573_r

hataの製作が進んでおります。

部材の集合場所

11月17日 by 宮崎悠輔

r0059433_r

高周波プレスの組み立ては部材に囲まれての作業だ。

ここには工場の各所で加工を終えた部材が一堂に会する。

組立てを終えると何となく製品の形を得て、仕上げの加工場へと運ばれていきます。

Inoda&Svejeさん来社

11月16日 by 宮崎悠輔

dsc_a0407

11月15日。

イタリア・ミラノよりInoda+Svejeさんがワークショップのため来社されました。

あらゆる角度から形状と構造、座り心地の検証を行い形を変えてゆく一次試作。

変貌を遂げた試作品は分解、パッキングをしてミラノにお持ち帰りです。

二次試作、そして完成に向けて大きな一歩を踏み出す一日でした。

enサイドテーブル

11月14日 by 宮崎悠輔

r0059442_r

enサイドテーブル仕上げ組。

きれいに仕上がった天板に脚が取り付けられます。

それにしても組場の仲田さんの動きはいつもきびきびスピーディーだ。

 

朝早く来ると

11月12日 by 宮崎悠輔

r0059455_r

早朝の影はながあーい!

現物調整

11月11日 by 宮崎悠輔

r0059459_r

試し取りを仮組して微調整を加える。

この微調整が椅子の成立には不可欠です。

静かに機械と向き合うNC担当者の頭の中をのぞいてみると

「xマイナス方向に0.2㎜、yプラス方向に0.4㎜、zはそのままで……」

という独り言が繰り返されています。

コンフォルト

11月5日 by 宮崎悠輔

r0059348_r

晩秋、冬隣というように季節は秋と冬の境目で朝晩はすっかり冷えてきましたね。

おとしもの展が遠い記憶のように感じる今日この頃です。

さて本日は掲載誌のお知らせです。

この度、CONFORT12月号に掲載していただきました。

9月に開催したデザイナーたちのおとしもの4を内田みえさんが静かな語り口で紹介して下さっております。

書店で見かけられた際は是非ご覧ください。

 

ORI

11月4日 by 宮崎悠輔

r0059332

この3mmにも満たない接合部の立ち上がり。

これが脚と座面の自然なつながりの肝になります。

クモビール

11月2日 by 宮崎悠輔

r0059288_r

風に揺れる豆サイズの天然モビールにほっこりしました。

 

とれたてフィンガー

10月29日 by 宮崎悠輔

r5039180_r

UUの強度の要、フィンガージョイント。

真っ直ぐがたくさん並ぶと見入ってしまう。

現在、フル回転で加工を進めております。

 

KAKIno表情

10月28日 by 宮崎悠輔

r5039183_r

KAKInoISUの有機的なフレームと笠木を支える貫も同様に有機的。

貫の作り方も他の椅子とは違う曲者です。

是非、裏側もひっくり返してご覧になってください。

KAKInoISU

10月27日 by 宮崎悠輔

r5039174_r

見るからにKAKInoISUらしきものが姿を現しております。

間もなく、これらの角ばったものたちが表情豊かな形を得ます。