TRIの出荷

10月20日 by 宮崎悠輔

都内の店舗に向けてTRIの出荷準備が進む。

これにて初回生産の出荷が完了です。

そして同時に始まる新たな生産。

製作の様子を随時お伝えして参ります。

LIBERO

10月19日 by 宮崎悠輔

完成を迎えたLIBERO。

背当たりの良さと美しい立ち姿の印象を支える笠木・背板・後貫。

三位一体の収まりにもご注目ください。

木取り場にて

10月18日 by 宮崎悠輔

カットした板材に手早く墨をつけていく木取りの第一段階。

次の工程での割り方と数量が瞬時に決まっていきます。

パイピング

10月16日 by 松岡拓哉

布・革張りの背によく用いられるパイピング。

太さを椅子の機種や張地に合わせて調整し、スッキリと仕上げます。

ワークショップ

10月15日 by 松岡拓哉

10月9日は2ヶ月に一度、恒例のワークショップ。

デザイナーの小泉誠さん、エーランチの星名さんと長田さん、こいずみ道具店の大柴さんが来社されました。

今回から小泉さんの新たな試作がスタート。

実寸モデルを削っては確認を繰り返し、プロポーションが整ってきました。

デザイナーと職人の手によって着々と変化を見せる様子に、改めてワークショップの良さを感じます。

フィンガージョイント

10月11日 by 宮崎悠輔

継ぎ手の要、フィンガージョイント。

加工方法は至って素朴。

適切な嵌合は刃物調整に秘訣があるようです。

本日もベテランの手の感覚が最良を導き出していました。

木地場にて

10月10日 by 宮崎悠輔

UUチェア背もたれ下側の相方、後脚の加工が同時進行で進みます。

木地場にて

10月9日 by 宮崎悠輔

着々と進むUUチェア。

組み場にて

10月8日 by 宮崎悠輔

Aスツールの木地加工研磨が済み、仕上げ組みの様子。

コンパクトな座枠にA形のフレームが組み合わさります。

LIBERO

10月4日 by 宮崎悠輔

5種類のパーツが出揃い、フレーム型に組み上げる。

同時進行でCNCでは角から丸が姿を現しています。

LIBEROの生産が始まっております。

木地場にて

9月30日 by 宮崎悠輔

仕上がりを左右する木地研磨。

組み場にて

9月28日 by 宮崎悠輔

きれいに積み上げられたhata。

組み場出口の日常風景です。

ORIの完成

9月26日 by 宮崎悠輔

ORIが続々と完成を迎えております。

天板と脚を自然なつながりに仕上げる最後の工程。

細やかで慎重な作業です。

無事の完成にほっとする瞬間でもあります。

木地場にて

9月25日 by 宮崎悠輔

影が輪郭をはっきりさせていました。

曲げ板

9月24日 by 宮崎悠輔

まっすぐだった合板。

接着剤を塗布されて今まさに520Rに曲げられようとしています。

香川県のイタリアンレストランにて

9月22日 by 宮崎悠輔

香川県観音寺市の久本家具さんよりpepeアームチェア、UUチェア、Cチェアの納品写真を送っていただきました。

こちらは同市のイタリア料理店「ricca」さんでのお写真。

高松の有名店で修行をされたオーナー様が、今年の10月にオープンされるそうです。

木の味わい深い空間にカラフルな座面が彩りを添えて魅力的な店内です。

この度は弊社の製品を選んでいただき誠にありがとうございます。

香川県にお越しの際は、是非とも「ricca」さんで最高のイタリアンを堪能してください。

 

「ricca」

観音寺市木之郷町26-

 

「久本家具」

香川県観音寺市本大町1778−2

http://hisamotokagu.com/

木目

9月21日 by 宮崎悠輔

木目は時間の経過を感じさせてくれますね。

時間をたくわえた板材が一脚の椅子になるまで引き算を繰り返します。

工程を振り返ると木の椅子に座ることは贅沢なことだなと考えさせられます。

9月20日 by 宮崎悠輔

差し込む日差しと吹いてくる風のバランスが絶妙な今日この頃。

朗らかな気持ちで今日も椅子づくりに取り組みます。

kuku muku

9月19日 by 宮崎悠輔

kukuにmukuの背を取り付けてkuku mukuが完成します。

Cクランプ四つ、しっかり圧着させて接着剤の硬化を待ちます。

commaのナンバリング

9月17日 by 松岡拓哉

先日からcommaの初回ロット展示分が販売店さまへ向けて旅立ち始めました。

お見かけの際には是非、座って持ち上げて、裏側まで見ていただきたい。

不織布に溶け込むシックなナンバリングにも注目です。