贅沢

2月23日 by 松岡拓哉

暖かな光が差し込む木地場。

右手に見える仮組みされたDC09はスタッフの休憩椅子。

なんだか贅沢な気分です。

“1”

2月22日 by 松岡拓哉

一昨年の『おとしもの4』が初披露のUNI junior。

“1”のナンバリングプレートを貼り、本日ついに初出荷です。

張地は昨年のIFFTで新たなラインナップとして紹介しましたトラス

三角座面に三角の柄が素敵な一脚に仕上がりました。

群れ

2月21日 by 宮崎悠輔

かごいっぱいのboの脚。

人によって鳥や、イルカや、お猿に見えたりするそうです。

ちなみに僕はペンギン派。

研磨を待ちながら群れてますっ。

働くブログ隊長

2月20日 by 松岡拓哉

写真ばかり撮ってると思ったら大間違い!

試作や木地場、木取場、曲場の通常業務までマルチに働くブログ隊長です。

手のかかる子ほど

2月19日 by 松岡拓哉

縫製場ではKソファと格闘中。

二人、息を合わせて「よいしょ、よいしょ」と被せていきます。

縫製場では手のかかる子ですが、傍から見てると愛らしい光景です。

幸運の

2月16日 by 松岡拓哉

出ましたラッキー7。

切りの良い製造番号に少し得した気分になりますね。

弊社製品を見かけた際には是非、裏まで見ていただきたい。

宮崎椅子のこだわりと、もしかすると素敵な数字に出会えるかも。

“1”

2月15日 by 宮崎悠輔

昨年のIFFTでお披露目となりましたLeLe counter chair。

“1”のナンバリングを貼り、ミラノサローネに向けて初出荷です。

もっとお見せしたいところですが、あらためて当ブログで紹介します。

しばしお待ちくださいませ。

ワークショップ

2月7日 by 宮崎悠輔

2月5日は2018年第一回目のワークショップ。

デザイナーの小泉誠さん、エーランチの星名さんと長田さん、こいずみ道具店の大柴さんが来社されました。

今回の目玉は8年前にはじまり一時断念していた小泉さんの椅子が再スタートしたことです。

小泉さん、社長、木原の三つ巴でかねてよりの難題と向き合います。

休眠中に蓄積された技術も活かされるでしょう。

スタッフの試作品も顔をのぞかせて今年一年が楽しみになるワークショップとなりました。

ペーパーナイフソファ

2月6日 by 宮崎悠輔

続々と仕上がりに向かうペーパーナイフソファ。

最も組立での工程が多い椅子です。

組場長が三台同時進行で完成させておりました。

組場にて

2月4日 by 宮崎悠輔

左右一対になった肘木が並ぶ。

組みたて直前、一瞬の風景です。

”顔”発見

2月3日 by 宮崎悠輔

新しい””を発見しました。

No42の前後貫に潜むにこちゃん。

目がダボ穴、鼻がキリの先端の跡で、口が裏表の印といった具合でしょうか。

単体だとかわいらしいがたくさん並ぶと少し怖い。

木を曲げる

2月2日 by 宮崎悠輔

木材が蒸しあがり釜を開けると湯気が立ち昇ります。

ここからが時間との勝負。

木材の熱が冷めないうちに帯鉄にはめ込み高周波プレス機で電熱を加えながら押し曲げる。

曲木歴二年目、平田君が奮闘しております。

厚板の話

1月28日 by 宮崎悠輔

DC09の座板。

あちゃーっと言いたくなるほど大きな節です。

厚板から削り出す故、大物節が内に眠っていることもしばしば。

もっと薄く細かい材から集成すればこのような不良は避けられたかも知れません。

しかし、厚板のリスクを超えた先の完成品には絶対的な存在感があります。

木取がこの椅子の要です。

極寒

1月27日 by 宮崎悠輔

年が明けてから寒さが極まっていますね。

どれだけ寒くても陽が差し込むとほんのり温か。

工場も明るくなりメンタル的にも温かくなります。

R+Rカウンターチェアの製作をがっぷり四つで進めております。

出荷の列

1月22日 by 宮崎悠輔

本日も多くの椅子が出荷されました。

どの椅子も生活に馴染みながら風合いが増していくことでしょう。

五年先、十年先の姿が楽しみなのも木の良さですね。

前取機

1月19日 by 宮崎悠輔

カシャン、ウィー、カシャン、ウィー。

入社して一番はじめに出会い、当時関心して見入っていた「モルダーの前取機」。

やや癖のある機械で馴染むのに少し時間がかかりました。

本日も小気味よい音を立てながら流れてくる材料を積み上げてくれています。

曲木

1月18日 by 宮崎悠輔

この曲木はsailの笠木になります。

pecoraの肘から始まった角材を強いアールで曲げる技術。

LUNAに繋がり、さらにsailでも活用されています。

4年と少し前にpecoraの肘を曲げていた頃を思い出すのでした。

年おとこ

1月14日 by 宮崎悠輔

なでると満足したのか不敵な笑みを浮かべる彼。

笑ってしまうのも無理ありません。

今年は戌年でこれがほんとの年男。

ちなみに彼は平成21年生まれの丑年です。

干支が一周回ると二回分自分の年があるのはちょっぴりお得ですね。

PECORA

1月13日 by 宮崎悠輔

PECORAが完成しております。

特徴的な肘はさわり心地が良く、座るとついついなでてしまいます。

愛嬌のあるこの椅子は並んだ姿も良いですね。

直線

1月12日 by 宮崎悠輔

木地場では直線的な部材が点在。

組み立てが進み、直線が椅子の形に近づきはじめました。

UUsofaの製作を行っております。