ワークショップ

2月3日 by 松岡拓哉

昨日は2ヶ月に1度の恒例ワークショップが行われました。

デザイナーと担当スタッフが試作品と図面を確認しながら意見を交わし、その場で修正を加えていきます。

ワークショップ

▲ 村澤さん × 角

ワークショップ1

▲ 小泉さん × 宮崎

まだまだ公開はできませんが、素敵な2脚が生まれそう…!

皆さん、今後の展開に注目ですよ。

PePeチェア20,000脚記念パーティー

2月2日 by 宮崎悠輔

大変おそばせながら!報告であります!

昨年の7月にPePeチェア20,000脚を達成することができました。

日頃ご利用頂いている方々、そして取り扱って頂いている販売店の方々に感謝の気持ちを込めて、これからもスタッフ一丸となって椅子づくりに励みたいと思います。本当にありがとうございます。

それに伴い、昨年10月に「PePeチェア20,000脚パーティー」を宮崎椅子工場内にて開催しました。

それではその際の模様をお伝えします!

DSC_0134_R

受付の二人。

DSC_0189_R

パーティーが始まる。みんな談笑しながら飲んで食う飲んで食う。

DSC09891_R_R

お品書きはこちら。(それぞれに頭文字に注目)

DSC09786_R_R

PePeチェア開発者のお二人。

DSC09776_R_R

寡黙な木取場のボスもこの表情。

DSC09876_R_R

ワインをおいしく頂く三名。

DSC09915_R

ここでサプライズケーキ。

DSC_0186_R_R

ケーキ入刀!

DSC_0184_R

喜んでくださいました!

DSC_0197_R

前回に続き今回も村澤さんからみんなに素敵なプレゼントをして下さいました。嬉しい!

DSC00097_R_R

最後はみんなピースで記念撮影。

次なる目標は30,000脚を目指して!

ありがとうございました!

クイズ!

2月2日 by 宮崎悠輔

R0022248_R

さてこの跡はどの椅子のものでしょうか。

ヒント、特徴的な貫をもつ椅子です。

 

色違い

1月29日 by 松岡拓哉

靴

事務所に色違いの靴が3足。

間違えて履いてしまいそうです。

1月27日 by 宮崎悠輔

R0022194_R

影もcomodoスツール。

あたたか

1月26日 by 宮崎悠輔

R0022205_R

昨日の寒さはどこへやら、日光を浴びながら仕事ができる気持ちの良い日です。

本日comodoスツール完成です。

積雪

1月25日 by 松岡拓哉

小太郎

徳島にも雪が積もりました。

今朝はクールな小太郎ですが、足跡から察するに昨晩は駆け回ったようです。

再会

1月23日 by 松岡拓哉

宮崎さん

本日はデザイナーの辻村久信さんと事務所のスタッフ、大学の生徒の方々が来社されました。

案内を担当したブログ隊長の宮崎にとって辻村さんは大学時代の恩師でもあるそう。

お世話になった方に成長した姿を見てもらえるのは嬉しいことですね。

職人の手

1月19日 by 宮崎勝弘

IMG_5952 - コピー
椅子職人の手が、初雪に弾んで小さな雪ダルマ。
なんとなく作り手によく似ているように思います。

「夢織人~YUME SYOKUNIN~」

1月15日 by 宮崎悠輔

g11

来たる明日1月16日、放送!

テレビ大阪の「夢織人~YUME SYOKUNIN~」にて宮崎椅子製作所を取り挙げて頂きました。

スマートフォンCMにも出演されているフォトグラファーの東真子さんが工場を訪れ、社長や若手スタッフを取材して下さいました。

デザイナーとのワークショップの風景や、昨年の11月の展示会の様子も取材してもらい、見どころ満載かと思います。

是非ともご覧くださいませ。

 

 

テレビ大阪 「夢織人~YUME SYOKUNIN~」

1月16日(土) 12:30~13:00 テレビ大阪

1月21日(木) 23:00~23:30 BSジャパン

http://www.tv-osaka.co.jp/ip4/yumeshokunin/ (番組ホームページのトップはなんと当社スタッフの松岡です。)

現る

1月14日 by 宮崎悠輔

R0022142_R

角から現るhataチェア。

厚さから

1月13日 by 宮崎悠輔

R0022078

ここ数日、CNCはhataの笠木の加工を進めています。

加工が終わるとしなやかな形状が姿を現すのですが、その瞬間はいつ見てもはっ、とさせられます。

75mmという厚材から成るアームチェアです。

裏窓

1月12日 by 宮崎悠輔

R0022021

ISラウンジチェア。

秘密の裏窓を開けて仕上げの組み立て。

(どなたでも開けれるので秘密というほどでもありません)

本日は

1月8日 by 宮崎悠輔

R0022105

初DC09仕上げ組。

慎重に力を込めて叩き込み、続々と完成させていきます。

なんでも「初」をつければ目出度くなりますね。

一月上旬は目出度く過ごしたいと思います。

初仕事

1月6日 by 宮崎悠輔

R0022082

新年おめでとうございます。

例年になく温暖な年明けでマサル号は未だに登場しておりません。

日を浴びながら暖かさに感謝して新たな気持ちで仕事に励んでおります。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

特注のMIテーブル

12月21日 by 宮崎悠輔

R0021998

何気ない風景のようですが、近くにいたスタッフは目が離せませんでした。

機械に乗るおよそ限界の2400mm幅のMIテーブル天板の特注加工です。

CNCのテーブル、めいっぱいの材料が乗っている、なかなか見ることのない一瞬でした。

 

続・革との戦い

12月18日 by 松岡拓哉

岡田さん

本日は張り場の岡田さんが革と格闘中です。

写真はNo.42の背の表面を張り終え、裏面が綺麗に着くよう四隅にできたシワを金槌で叩いて伸ばしている様子。

その後、丁寧に仕上げられた背が無事に木部に取り付けられました。

革との戦い

12月17日 by 松岡拓哉

革チェック

作業台一面に広げられた大きな革と格闘中の逢坂さん。

革のキズやシワなどのある箇所を注意深く確認し、それを避けながら型紙をレイアウトしていきます。

それから裁断を経て、張り場の私達へと作業が引き継がれるのです。

明日も丁寧な仕事には丁寧な仕事で応えたいと思います。

バトンタッチ

12月16日 by 松岡拓哉

ISlounge肘

機械による加工を終えたIS loungeの肘。

積み上げられた様子は緩やかなラインが重なり合いとても綺麗です。

現在は人の手にバトンタッチして、丁寧に形が整えられています。

鋭い視線

12月15日 by 松岡拓哉

DSC_0039 (3)

組み立ての続くbo chair。

木原さんの鋭い視線が注がれ、慎重に作業が進んでいきます。