遅ればせながらちょっぴりミラノレポート2014 その7「ギョギョっ!ランチでの悲劇」

さて、レポートの〆にさせていただきますのは、

これまた食にまつわるお話。

どーでもいい話で、本当に恐縮ですが、ぜひ、

今後の教訓にもさせていただくつもりで、悲劇的なランチのネタをお送りいたします。

 

展示会の会期中のとあるランチ。

私と上田、2人でランチに行かせてもらう機会がありました。

「あの、いつも行くお店の、ボッタルガ(←からすみ)のパスタがおいしかったよ~」

と、村澤さんからレコメンドされて、意気揚々とその店へ向かった我々。

 

でも今日のオススメメニューを見ていると、

ボッタルガ以外にも食べたいな…と思うものが、

なんとな~く単語にあるような気がする。

 

IMG_0288_R

 

ちょっと見にくいのですが、私は下から2番目の、「ガレット」と書いてあるものを頼みます。

おお、ガレットか! あのそば粉で作るクレープみたいなやつだろ!

隣の人もそんな感じのもの食べてるし、よっしゃ、これで決まり!

 

上田は、その「ガレット」の2つか3つぐらい上にある「クレマ」と書いてあるものにしました。

なんか、クリーム系なんだろうね~。おいしいんだろうね~。

と、言いながら、この2つを頼みました。

 

そして、私の前に運ばれてきた「ガレット」はコレでした!

 

IMG_0286_R

 

わっ!

 

と…鶏が開きになっている。アジの開きならぬ、トリの開き!

思ってたんと全然ちがうやん! お隣香川の骨付き鶏も真っ青じゃ!

ほな、あの隣の人が食べてたん、なんだったん!?

「あの方が食べてるのと同じのください!」って言えばよかった…(涙)。

 

さらに、上田の前に運ばれてきたのは、

どんぶり(みたいな器)になみなみと注がれた、緑色のポタージュスープ。

すいません。あまりの衝撃に、写真を撮影するのを失念したぐらいです。

しかも、そのポタージュから、なんだかスーパーマーケットの生鮮食品売り場(野菜系の方)を彷彿とさせる香り…。

 

愕然としながらも、上田は超ポジティブに

「私、スープ大好きですから、ちょうどよかった♪」

と、るんるんとスープを飲んでいきます。

イタリアの店は、パンがサービスで出てくるので、よかったですね…。

パンがなかったら、結構キツかったと思いますよ、ポタージュ「のみ」というランチは…。

 

私は一生懸命、鶏をナイフで切りつつ、小さくなったものは手でつかみつつ、

また、上田にシェアしつつで、ちゃんと食べました。トリの開き。

いや、おいしかったですよ。サラダもついてましたし。

 

でもね、私はガレットが食べたかったんですっ…(号泣)。

 

ちなみに、上田もちゃんと完食したポタージュのスーパー臭の理由は、

なんと「menta」にありました。これ、ミント入りのポタージュだったんです!

で、メインの緑色は「piselli」で、エンドウでした。

どおりで…。しかし、ミントって斬新だわ。

でも、もう1回飲んでみたい、このクレマ! ね、上田さん♪

また、「クレマ」と見かけたら、ぜひ頼んでみたい、そんな中毒にもなってたりしてて。

 

こういった、失敗…とまでは言わなくても、衝撃的な食事の顛末も悪くないですね。

とにかく、「クレマ」はポタージュの意味があること、

「ガレット」は、ニワトリの意味があること、

学習いたしました! こうやって、すこ~しだけ、賢くなった気がする。

コメントする