木地場はUチェア

木地場ではUチェアの加工・研磨が進められております。

写真は削りたての笠木で、ギザギザに飛び出しているところが接合部のフィンガージョイントです。

   

    

  

接合部分を指の形のようにジグザグに加工することによって、

接着面積が増えて高い強度を出せる継ぎ方です。

笠木と脚という接合なので立体的で高い精度が求められますが、職人が丁寧に調節・加工しております。

 

コメントする