ミラノ便り2019

4月18日 by キハラ

フォーリサローネ・ミラノ2019での展示会が無事終了しました。

ミラノへの出展は今回で8年目となりました。
ここ数年はヨーロッパのディストリビューターの方の意向を踏まえ、シックな感じで宮崎椅子製作所のものづくり品質を感じていただくことに重点を置いた展示をしています。

みなさん、肘の輪郭を指でなぞるように触ったり、革をなでなでしたり、気に入ったものは写真を撮ったりと、じっくりご覧いただいていました。

笑顔でビューティフル!とかお褒めの言葉もたくさんいただき、よりよい仕上がりの椅子を作っていかなければいけないなと、製造現場の人間として強く感じました。

たくさんのご来場、本当にありがとうございました!

衣替え

4月17日 by 宮崎悠輔

すっかり春、工場では椅子のシルエットが日に日に増えてきています。

一時限分の

4月16日 by 宮崎悠輔

先日のワークショップ。

この日の締めは小泉誠さんプレゼンツ、社員に向けてのパワポ紙芝居。

歴史を遡り日本で家具が生まれた背景を知ることからはじまり。

小泉さんの設計された建築・内装と共に宮崎椅子製作所の納品事例のご紹介。

家具とは?という俯瞰した内容から実際に我々の製品が使っていただける環境を知ることができました。

小泉さんの活動と自分たちの製品を違った視点でより深く知ることのできる貴重な時間となりました。

LIBERO

4月15日 by 宮崎悠輔

発売当初から多くのご注文をいただいているLIBERO

回を重ねるごとに生産数を更新しています。

現在総出でフレームの研磨に取り掛かっております。

曲げる前に

4月12日 by 宮崎悠輔

木を曲げるには時間がかかる。

部材片手に前もって木取場と曲げる数についての話し合いです。

実は

4月11日 by 宮崎悠輔

先日のワークショップでの話。

宮崎椅子製作所は50周年を迎えます。

というニュースをエーランチさんから教えてもらい、その時点での社内認知度はほぼゼロでした。

しかし何やらわくわくがはじまる予感。

全員でその予感を共有した春の会の後半でした。

張り場にて

4月10日 by 宮崎悠輔

連日、張り場の入り口ではNo42背取付け後の仕上げ作業が行われています。

検品

4月8日 by 宮崎悠輔

板材を選別し素材に変わり、素材から椅子の部材を作ります。

それらを組み立てて、仕上がったものに座面を取り付ける。

UU chairが最後の検品を迎えております。

仕口

4月7日 by 宮崎悠輔

傾いた留めのあられ組みに太枘を加えた仕口は強固で立体感があります。

三位一体の納まりが美しいsansa stool

糸面

4月6日 by 宮崎悠輔

sansa stoolの研磨が進行中。

手触りとシルエットの良し悪しは糸面が決め手です。

本日の張り場

4月5日 by 宮崎悠輔

張り場は大忙し。

この春入社の新人くんが横切ります。

春のワークショップ

4月3日 by 宮崎悠輔

3月28日は2ヶ月に一度、恒例のワークショップ。

デザイナーの小泉誠さん、エーランチの星名さんと長田さん、こいずみ道具店の大柴さんが来社されました。

宮崎椅子製作所と長年関わってくださっている両社の皆さま。

改めてお互いの親睦を深めようということで、鯛めしとお弁当をいただく食事会が開催されました。

春の陽気も相まってまったりとした時間となりました。

en side table

4月1日 by 宮崎悠輔

1回組を終え、形が見えてきたen side table。

手際良く仕上げの研磨を行い、天板を取り付けて完成です。

部材の断面

3月31日 by 宮崎悠輔

断面は二度見してしまう。

比較

3月30日 by 宮崎悠輔

仕上がりと見比べながら木目、色味、木表木裏、などトータルで吟味。

板接ぎで最も悩ましい工程です。

平成最後の

3月29日 by 松岡拓哉

3月28日は2ヶ月に一度の恒例・ワークショップ。

デザイナーの小泉誠さん、エーランチの星名さんと長田さん、こいずみ道具店の大柴さんが来社されました。

平成最後のワークショップはC chairの最終確認が済み、いよいよ初回生産が迫ってきました。

昨年から再開し、続く試作はついに形状がまとまり次回から量産を視野に入れた試作に移るようです。

板接ぎ

3月28日 by 宮崎悠輔

接ぎ面に適切な量の接着材を塗布。

この工程では手際の良さが大切です。

組み待ち

3月27日 by 宮崎悠輔

HAKU。

残りの部材が仕上がるまで静かに組み立てを待ちます。

接ぎ面

3月26日 by 宮崎悠輔

板接ぎ面はベルトサンダーで慎重に。

三つ又

3月25日 by 宮崎悠輔

三つ又の交差点。