バックナンバー 2021年5月

紫陽花

2021年5月31日 by hirata-

敷地内に咲いている紫陽花。

色づいております。

変なやつ

2021年5月31日 by hirata-

朝会社に着くと、変なやつがいました。

調べてみたら「ウンモンスズメ」という蛾だそうです。

目を引くフォルムに鮮やかな緑の模様がとても綺麗。

一休み

2021年5月30日 by hirata-

たまには羽を休めることも大切ですね。

rib

2021年5月29日 by hirata-

ribの組み立てが終わりました。

4本のスポークから生まれる背中を包み込むような座り心地の良さと、見た目も重さ的にも軽快ですっきりとした印象の椅子です。

三角形から台形に変わっていく断面、触ると気持ちい内側のR、隣接する接ぎ手、背柱の頭のクリンとした形など、フレームのディティールに目を張ります。

2021年5月28日 by hirata-

製品を作るうえで要となるのが機械加工のセッティング。

ここの良し悪しで、製品の質とその後の作業工程がスムーズにいくかどうかが決まります。

    

0.1mm単位の正確な寸法、ホゾやダボなどの接合部の嵌合強度、他の部材との兼ね合い、木材の動きを考慮した微調整など、椅子作りは常に高い精度を求められます。

  

デカイ機械で派手な加工に魅了されてしまうのは、複雑な形状を可能にしている機械だけではなく、それを裏で支えている職人のものづくりに対するストイックな姿勢と地道で繊細な作業に対するリスペクトに他なりません。

1枚ずつ

2021年5月27日 by hirata-

座面は全て、1枚ずつ職人が丁寧に張っております。

今日も集中した空気の中、「バスバス」とエアータッカーの音だけが響いていました。

山積みの肘

2021年5月26日 by hirata-

昨日に引き続き、作業台の上にはIS loungeの肘がどっさり。

木地場スタッフが着々と研磨を進めています。

IS lounge

2021年5月25日 by hirata-

IS loungeの肘の研磨が進められています。

プロペラみたいに捻りのある肘をスポンジサンダーに沿わせるようにしながら形を整えていきます。

ゴツゴツ

2021年5月24日 by hirata-

DC10の座組みが進行中。

現段階では、かなりゴツゴツしていて重たい。

この中に有機的なラインをしたフレームが眠っています。

迫力

2021年5月23日 by hirata-

木取り場には製材工場から仕入れた木材が置いてあり、その重さや迫力ある大きさからは自然の力強さを感じる。

自然によって生み出される材料それぞれの個性を活かし、できるだけ無駄のないように使わせて頂きます。

操作盤

2021年5月22日 by hirata-

どの機械にもある操作盤。

毎日使うので、傷跡や落ちない汚れがついている。 

年季が入った姿に時間の流れと会社の歴史を感じます。

UNI-Rest

2021年5月21日 by hirata-

大変お待たせしております。

続々とUNI-Restが出荷中です。

  

この椅子の特徴である、捻るように削りだされたアーム。

精度の高い加工技術とそれを使いこなす職人によって作り出されています。

   

リレーのように各部署バトンを繋いで仕上がった姿は、作り手として感慨深いものがありますね。

ひょっこり

2021年5月20日 by hirata-

どこでも根を張る。

そこから芽を出す。

積みあがる

2021年5月19日 by hirata-

組み立てを静かに待つ、UUチェアの前フレーム。

梅雨入り

2021年5月17日 by hirata-

徳島県もとうとう梅雨入り。

今年は例年より21日早いそうです。

  

この時期は材料が動きやすく、反りやねじれが起きやすい。

曲げ木では材料が乾きにくいため、曲がりが安定しません。

・・・職業的にも気が滅入る時期だったりします。

少しずつ

2021年5月14日 by hirata-

この春入社した新人くん。1ヵ月半が経ちました。

木取りの仕事がメインですが、少しずつ他部署の作業も経験中。

まだまだ慣れないことが多いなか、真面目に頑張っています。

積みあがる

2021年5月13日 by hirata-

積みあがる丸いアタマ。

pepeの生産が進められています。

起きる工場

2021年5月12日 by hirata-

1日の始まりは朝のミーティングから。

  

ぞろぞろ~っと、スタッフ全員が木地場に集まってきては、その日の仕事の流れや部署間で手伝いが必要かなどを確認し、会社全体で作業を円滑に進めるための状況のすり合わせをします。

また、全員で共有しておきたい問題・改善点や注意事項などを出し合う大切な場でもあります。

  

寝ぼけてた頭も冴えて、仕事のスイッチが入る。

まさに工場が起きる時間です。

寝ているNC達も起動させて朝の原点復帰をします。

眠りにつく工場

2021年5月11日 by hirata-

本日もお疲れ様です。

明日の仕事に備えて、夜は人も機械もゆっくりと眠りにつくとしましょう。

・・・と書きたいところですが、奥でアバンテの加工が寝る間も惜しんで進行中でした。

現る

2021年5月10日 by hirata-

恐縮ながら現るシリーズも引き継ぎたいと思います。 

というわけで角から現るPePe lounge

  

3次元の複雑な切削加工を可能にするNCルーター。

少し目を放している間に、角材だった物が見覚えのある形になっていました。